多言語化社会への対応

NPO法人人材企業海外交流会

海外交流の基本は言葉が壁です。翻訳が基本で、多くのサポーターが必要です。

これからは日本は多言語化社会に突入します。日本の人口の変化は海外との人材の交流、企業の交流は必然的の増加します。

 

日本の学校に留学する「留学生」、専門学校に学びに来たり企業に働きに来る「就学生」「就職者」へ対応できる団体が益々必要になってきています。そのためには次の基本項目が必要になります。

  • お互いの言語の翻訳活動
  • 日本でのいろいろな生活援助活動
  • 公的事務問題の相談・援助活動
  • 人とのとの交わり、交流問題
  • 海外に企業を進出するための、中小零細企業の援助活動
  • 経済的な相談
NPO法人人材企業海外交流会は、種々多様な人材や企業などと「ご縁」を頂き援助することを目的としています。そのための一部を「NPO法人ちばインターネット普及会」と協働作業を行って参ります。

留学生・就学生

お互いの国での豊かな生活、楽しい生活を目指て活動する。

就職者・海外への企業進出

お互いの国での安全な発展を願って活動する。