これからはキャスレスでお買い物をする時代です

キャッシュレス時代-知識を取得しましょう

店舗・企業はキャスレス対応時代

店舗や企業もキャスレス時代になりました。キャスレスの波に乗るなら今なのです。

キャッシュレスは ①クレジットカード ②電子マネー ③アプリ決済 の3酒類に区分されます。これからの小規模の店舗や企業でもキャスレスを理解し、利用して行くことが大切です。また支払い方法の分類からは①前払い方式 ②即払い方式(デビッドカードやスマホ読み取り等) ③後払い方式などの3種類があります。


日本では今までショッピングカードのや前払い交通カードのような後払い方式が日常的に利用され、馴染んできました。

安倍内閣は10月に消費税を8%から10%に引き上げる際の対策として、中小の小売店で現金を使わない「キャッシュレス決済」をした買い物客に対し、ポイントで5%を還元する考えを表示しました。(クレジットカードが主体のようです。)
期間は2020年東京オリンピックまでの9ヶ月間を想定していますが、定着すれば今後の小売店販売には大きな影響を与えるでしょう。店舗もこのような問題に無関心ではいけません。積極的に考慮すべきです。

 

カードを理解し店舗繁栄を考えましょう

amazon、yahoo、楽天など多くの通販会社は一般の販売店を募集しています。「グーテンポ」も開店にサポートしていきます。


スマホ利用の即払いのPayを活かそう

話題になっているPayPayやLINE Pay等は、「スマホアプリ」を店頭で提示し、店員にコードを読み取ってもらうことで支払いが完了するという仕組みです。即ちコード読み取りによる支払い方です。

  1. いろいろなPayのアプリをダウンロードする
  2. 店頭でアプリを提示
  3. 店員がバーコード等を読み取る
  4. 支払い完了

 

まぁ多少の違いこそあれど、よくあるスマホ決済と一緒と思ってもらえれば間違いありません。

2019年7月にファミマもファミペイを導入する予定です。正直、これ以上「○○Pay」が増えちゃうと消費者が混乱してしまうだけで誰も得をしないんじゃないかなと思いますが時代の流れです。

名前をあげるだけでも下記のスマホ決済が導入済&登場予定であることを考えると大変な時代です。誰がその全容を理解して正しく利用できるのか?と首を傾げたくなります。しかし必要な時代なのです。Payの一覧表を見て下さい。

  1. PayPay
    (リンクあり)Youtube
  2. 楽天Pay
    (リンクあり)
  3. LINE Pay
    (リンクあり)
  4. GooglePay
     (リンクあり)
  5. d払い
    (リンクあり)
  6. Origami Pay
    (リンクあり)
  7. Amazon Pay
    (リンクあり)
  8. pring
  9. au Pay
  10. セブンペイ
  11. ゆうちょPay
  12. はまPay
  13. PAY ID
  14. pixiv Pay
  15. FAMI pay
    (リンクあり)
  16. Apple Pay
    (リンクあり)
  17. Google Pay
    (リンクあり)
  18. paymo(終了予定)

他にも中国人観光客向けのアリペイやWeChatペイがあります。コード決済ではないですがApple PayやGoogle Pay、そして電子マネーであるQUICPayなどなどもあって、これから店舗・企業は大変です。(QRコード決済)

主なpayに関するサイト-2019.2.12現在

5G時代、2019年からこのPay戦争で大混乱です。各店舗・企業はどう理解し、東京オリンピック・大阪万博・海外観光者対策にどう立ち向かっていくかが大問題です。


顧客も対応してきているキャスレス

キャスレス時代がやってきています。日本ではまだカード時代なのかもしれませんが「店舗や企業」は総合的にキャスレスシステムを理解し、店舗のあり方も、広告のあり方も変化させるべきでしょう。

 

しかし、キャスレスシステムの種類はどんどん増えるので利用する側にとっては、利用の仕方にまよっている方もおられます。

 

消費者がそれを逆手に利用し広報し小遣い稼ぎをしようとするアフェリアスも盛んです。また多くのカードを統合した自己アフェリアスも活発です。

NPO法人ちなインターネット普及会はスマホの学習と共にキャッシュレス問題にも相談にのっています。