これからのキャスレスでお買い物をする

キャッシュレス時代-知識を取得しましょう

店舗・企業のキャスレス対応時代

店舗や企業もキャスレス時代になりました。

キャッシュレスは ①クレジットカード ②電子マネー ③アプリ決済 の3酒類に区分されます。これからの小規模の店舗や企業でもキャスレスを理解し、利用して行くことが大切です。


日本ではカードの利用が馴染んできました。

安倍内閣はらい10月に消費税を8%から10%に引き上げる際の対策として、中小の小売店で現金を使わない「キャッシュレス決済」をした買い物客に対し、ポイントで5%を還元する考えを表示しました。(クレジットカードが主体のようです。)
期間は2020年東京オリンピックまでの9ヶ月間を想定していますが、定着すれば今後の小売店販売には大きな影響を与えるでしょう。店舗もこのような問題に無関心ではいけません。積極的に考慮スべきです。

 

カードを理解し店舗繁栄を考えましょう

amazon、yahoo、楽天など多くの通販会社は一般の販売店を募集しています。「グーテンポ」も開店にサポートしていきます。

顧客も対応するクレジットカード・キャスレス

キャスレス時代がやってきています。日本ではカード時代なのかもしれません。「店舗や企業」はこの点を理解し、店舗のあり方も、広告のあり方も変化させるべきでしょう。

 

しかし、カードはどんどん増えるので利用するがわにとっては、利用の仕方にまよっている方もおられます。そのため多くのカードを統合したグループ情報を下記のTwitterに記載しております。親国鉄と思います。

NPO法人ちなインターネット普及会はスマホの学習と共にキャッシュレス問題にも相談にのっています。